FC2ブログ

プロフィール

zun母

Author:zun母
旦那と3人息子&
♂ずんちゃん♀ももちゃんと
毎日楽しいシーズーライフを
送っています
若かりし頃はディスコより
カラオケだったバブル世代♪

あまのじゃくなずんちゃんは
小悪魔なももちゃんは
見に来てくれてありがとう
最新記事
カテゴリ
QRコード
QR

1ヶ月・・・ずんちゃんに会いたいっ!

今日 8月17日
ずんちゃんがお空に旅立ってから1ヶ月が経ちました

喪失感、半端ないって!


おちゃらけるつもりもないんですが
そうしてないと辛い
ホントにつらいですね 愛する仔がいなくなるって

車通勤、仕事中の車移動で
この1ヶ月、運転しながら
「ずんちゃん、どこー?会いたいよー、ずんちゃーん!」と
なんど叫んだでしょうか

職場で回りがレジャーの(夏ですから)話をしていると
(ずんちゃんと出かけたかった…)と
心がささくれだって、気持ちが落ち込みました

ももちゃんのご心配をしてくださっているブロ友さん、ご近所さん
ありがとうございます
ももちゃんは割と平気というか、変わらないというか

もちろんずんちゃんがいないことはわかっているようです
ぼっちのお留守番が始まり、
zun母が帰ると車の気配でギャン鳴きしてますが
夏休みで息子たちが割と家にいてくれていてなんとなっています

ですが今日は朝仕事に行くとき初めてはげしく後追いされました
DSC_0187_convert_20180817204106.jpg
1ヶ月の節目がわかる?そんな訳ないか~

これはずんちゃんが旅立った日の写真
DSC_0122_convert_20180817204028.jpg
左端にずんちゃん、お花に囲まれて寝ています
ももちゃんは近づこうとしませんでした

DSC_0120_convert_20180817203908.jpg
ももちゃん、わかってたんだよね
受け入れたくなかったのかな

↓ 『続きを読む』 にずんちゃんのお写真あります
眠っているようです
たくさん、たくさん、抱きしめました
良かったらずんちゃんに会ってあげてください
( 『続きを読む』 をクリックしてね)

続きを読む

ももちゃんの中にいる

8月8日の朝
少し涼しい朝でした

ももちゃんはこのところ暑くて
近寄ってこなかったけど
基本私の枕のど真ん中を占領する仔で
涼しかったせいか
目覚めると
どーんと枕に寝そべっていました
ギュッと抱きしめてお顔を見たら

一瞬

一瞬でしたが
お顔がずんちゃんでした

間違いなくずんちゃんの顔でした

ずんちゃんはももちゃんの中にいる
いるんです

ずんちゃんに会えて嬉しかった

ずっともっと一緒だよ

ももちゃんを大事にするね
もちろん、ももちゃんの中のずんちゃんのことも

これからも一緒だよ

予兆 2

今思えば

6月辺りからよく転ぶようになった
~トリミングに行けなくなって足の裏の毛をきれいにカットしていないせいだと思っていた
~~足の力が弱っていたんだね

ステロイドのせいでおやつもご飯もよく食べたのにどんどん痩せていった
~去年の12月は6kg→今年の5月は4.8kg

この1ケ月、お水の飲みが少なくなってオチッコの量も減っていった
~利尿剤に慣れて効かなくなってきたんだと思っていた
~~腎機能が低下していたのかもしれない

数日前から体毛がしっとりしていた
~ブラッシングしてもふんわりしなくて…シャンプーできないからだと思っていた
~~肺呼吸が弱くなると全身で呼吸しようとして体が湿っぽくなるってお医者さんから後で聞いた

それでも『肺に水がたまると苦しいから横にならずにお座りしてハアハアする』
=横になっているずんちゃんを見ると「まだ大丈夫。横になってるから呼吸は大丈夫。」と
思っていた

DSC_0110_convert_20180724080903.jpg

勝手に「大丈夫」のチェック項目を作ってしまっていたんだ

DSC_0111_convert_20180724080937.jpg

だってずんちゃんの目が、まなざしが
しっかりとzun母を見てくれていて
もっともっと一緒にいようねって ずっとずっと一緒だよって思っていたんだよ

うっすらと「覚悟しなくちゃいけないのかな」って
心のどこかで思っていたけど

その日があまりにも急に来てしまい、
まだ悪い夢を見ている気分です

ももちゃんをどうしよう…

平日の日中はいつも2ワンでお留守番のずんもも家

すごく仲良しさんではなかったけど
ずんちゃんは知らんぷりしながらももちゃんを気にして
ももちゃんはいつでもそばにいてくれるずんちゃんを頼りにしていました
DSC_0305_convert_20180718205359.jpg
1年前の写真 ずんちゃん、ふっくらしてたね

今日はお兄ちゃん(長男)が家にいてくれた
明日は1人でお留守番だね

過去に2時間くらいの1人お留守番を一度経験したももちゃん
ずんちゃんの病院受診だったかな
ソファーの上にあったクッションとかタオルとか
全部下に落としちゃって
きっと不安と不満で荒れたんだろうなと想像ついた

DSC_0123_convert_20180718204720.jpg
「あたち、ひとりぼっち?」

ももちゃん、ごめんね
頼りにしていたずんちゃんがいない
長い長ーいお留守番
定時で帰れるように朝から気合入れて仕事するから
心配で逆に仕事がはかどらないのでは、、、と少し不安です

ももちゃん ももちゃん
あなたがいなかったら
今きっと我が家は悲しみのどん底
ももちゃんがいてくれるからなんとか気持ちを保てている

ずんちゃん、ムシのいいお願いだけど
ももちゃんを守ってください お願いします

ずんちゃんのいない朝

ずんちゃんがいません

目覚まし10分前にオチッコで起こされることもなく

オチッコのご褒美ほしさにzun母の顔を
チョイチョイひっかくこともなく

フードをふやかすお湯を用意することもなく

心臓のお薬5つを用意することもなく

お散歩もずんちゃん担当の私は両手が空いてて

昨日はまさかのショックで実感がなかったことが
波のように押し寄せます

まだ静かな波だけど
大きなうねりで押し寄せそうで
怖い…

暑い時期はお部屋の隅の冷たい床で
寝そべっていたずんちゃんを探してしまいます

ずんちゃんのいない朝が来るなんて

涙が止まりません