FC2ブログ

プロフィール

zun母

Author:zun母
旦那と3人息子&
♂ずんちゃん♀ももちゃんと
毎日楽しいシーズーライフを
送っています
若かりし頃はディスコより
カラオケだったバブル世代♪

あまのじゃくなずんちゃんは
小悪魔なももちゃんは
見に来てくれてありがとう
最新記事
カテゴリ
QRコード
QR

お空に行っちゃった日のこと~続き

備忘録~続きです~

会社に着いた車の中で声を上げて泣いた
17時終業 あとちょっと…
会社の部署の方はみんな事情を察してくれていたので
なんとか冷静を保ちつつ、事務処理をして
「明日、午前はお休みさせて下さい」とお願いした
先輩が去年愛犬さんを亡くしていて
葬儀の業者さんを教えてくれた

家に帰るまで、、、渋滞で時間がかかる、、、
でもずんちゃんお迎えしてくれないんでしょ、、、
ももちゃんはどうしてる?、、、ずんちゃん、、、
リビングのドアに映る姿はもうないの?

いつも通り玄関を開けてガラス越しの姿を探し
『ずんちゃん、ももっち』と声をかけて部屋に入った

ずんちゃんは寝ていた
ブロともさんにいただいた青いベッドの上で

少し身体が硬くなり始めていた
抱きしめた 冷たかった

ずんちゃん、もう、苦しくないんだね、良かった

でも、呼んでも答えてくれないんだね、悲しい

頭の半分で泣いて もう半分で事務的に動く

病院に電話して 報告して
ペット葬儀屋さんに連絡して手配をした
お忙しいようで夜の23時の訪問になった
猛暑でお空にいっちゃう仔が多いらしく
明日の葬儀は無理なのと、うちの家の前は電線があって
車庫スペースでも火葬は無理で
その日にお預けして葬儀屋さんに火葬をお願いして
次の日の夜におうちに帰してもらうことになった

教えてもらった葬儀屋さんはすごくいい方で
「どんなわんちゃんでしたか?」と聞いてくれて
今思えば、聞かれることでいろんな思いを引き出して
じっくりお別れさせてくださったんだと思う

きれいなお布団に寝かせてお花とおやつをお供えして
家の前に止めた車の窯まで家族みんなで籠を持ち、運んだ

葬儀屋さんが来るまでの間、たくさん撫でた
肉球のスタンプを取った
おしっぽの毛を少し切って取っておくことにした

気持ちが落ち着いたらメモリアルグッズを作ろう
落ち着く?落ち着くって??どんな気持ち?
この時は後から押し寄せる悲しみがどんなものか想像もしていませんでした

7月17日の夜、ずんちゃんの身体は車に乗って
魂を追いかけてお空への旅に行ってしまいました