FC2ブログ

プロフィール

zun母

Author:zun母
最愛の2シーズーのとりこになって11年目
♂ずんちゃん(2018.7.17お空へ転居)♀ももちゃん(大事な1人娘犬)がすべての毎日です

お空へ転居のずんちゃんは
小悪魔なももちゃんは
見に来てくれてありがとう
最新記事
カテゴリ
QRコード
QR

風船みたいにはじけちゃったんだね

7月17日 AM3:53の発作から
ずんちゃんは辛かったんだろうな 苦しかったんだろうな

あの日、zun父が会社に行かずに家に戻ってきたのは
実は今までには絶対なかったことで
私や子供が具合悪くても仕事は休まない人なので
(これを言うとMちんが『お母さん、根に持ってんの?』って言うけど)
ほんとに戻ってくるなんて私にとっては意外なことで

とにかく私にとっては一安心だった

病院に連れて行ってくれて注射も打ってもらえた
病院の先生はうちに酸素ハウスがあることを知っているので
(後で聞いたら迷ったそうだったけど)
病院よりおうちがいいだろうってことで家に戻って
酸素ハウスにずんちゃんを入れたんだって
DSC_0171_convert_20180805184102.jpg
【まだ片づけられません~酸素ハウスもおトイレ(ずんちゃん専用)も】

ずんちゃんは呼吸が辛くて座っていたらしい
実はそれまで酸素ハウスに入るほどの状態でも入りたがらないので
ホースの先のじょうごを口元にあてて呼吸を助けた

今回はさすがに入ってもらったけど
ずんちゃんは出入り口のビニールのとこをカリカリかいて
zun父に何か訴えたらしい

zun父は「ずんちゃん、出たいのかな?」とビニールの出入り口をまくってみたけど
出てくる訳でもなく、お水を口元に持っていっても飲む訳でもなく、
そばで様子を見ていた

そんな風に3~4時間は過ごしていたのかな
突然 ぱたんとずんちゃんが横になったんだって(倒れた?)
それが14:56のこと

きっとその時にずんちゃんの心臓はパチンって
風船がはじけるみたいに

パチンってはじけちゃったんだね

眠るようにずんちゃんは旅立ったそうです
ずんちゃんをzun父が見送ってくれて
ホントに感謝しています
独りで逝かせないでよかった

zun母は実は自信がなかったんです
自分の腕の中で逝かせること

今年の年明けから体調を崩し
何かあるたびにお医者様に「何がいつあってもおかしくない」と
言われてずっと覚悟してきたけど
もしその時が来たら私は耐えられない
それが本音でした

ずんちゃんはわかっていたのかな
だからzun父を選んだのかもしれない

最後まで優しかったずんちゃん
絶対また会おうね

虹の橋で待っていてください