FC2ブログ

プロフィール

zun母

Author:zun母
最愛の2シーズーのとりこになって11年目
♂ずんちゃん(2018.7.17お空へ転居)♀ももちゃん(大事な1人娘犬)がすべての毎日です

お空へ転居のずんちゃんは
小悪魔なももちゃんは
見に来てくれてありがとう
最新記事
カテゴリ
QRコード
QR

震災の日

今日はシーズーネタではありません。

今朝
5:40 お兄ちゃんのめざまし時計が鳴っている。
5:45 私のめざまし時計が鳴る
     ~~~スヌーズになっているので5分後にまた鳴るからウトウト…
あれっ?遠くで何か鳴っているなぁ…
ピピピピピ…
電車の発車合図のような~うんっ?非常ベル???
じっと聞き入っていると音が少しずつ遠くなっていった。
どうもMちんの時計かな…時刻は5:46

16年前の今日、1月17日、午前5時46分
阪神淡路大震災が起きた。
この時、私はだんなとその両親とお兄ちゃん(当時7カ月)を連れて
神戸の山の上のホテルに泊まっていた。
ドーンっと突き上げるような衝撃で起きて、部屋から飛び出すと
ホテルの従業員の方が「地震です」と宿泊客の安否を確認に回っていた。
しっかりした建物でまだ新しかったのでさほど被害らしきものはなかった。

私は東京生まれで小さいときから震度4くらいの地震は経験ありなので
(のんきにも)また布団に入り、眠ろうとした。
その後の余震にも、外が騒がしいのかな、などととんでもない勘違いしたまま…
朝食の時間になり、支度しようと起きると部屋のテレビが台から落ちていた!

ニュースを見てびっくり!
神戸の方々が毛布にくるまって寒空の下、避難していた。
その日は観光の予定だったが、できっこない。
我々5人はとにかくだんなの実家(大阪)へ帰ろうと早々に出発した。

途中で見たたくさんの衝撃。
後で新聞に載っていた、あそこだっ!ここも!
胸がつまるような思いで車の中で長男を抱いた。

あれから16年も経つのか…。
車から見た買い出しの列は乱れることもなく整然と並んでいた。
けがをした人に毛布をかけて、声を掛け合っていた。
思いやり、協力し合っていた被災者の方々。

忘れてはいけない。命の大切さ。お互いを大事にする心。
明日があるってとてもすごいことなんだ。
時間を大切にしなくちゃね。人とのつながりも大事にしなくちゃね。
さあ、きょうも笑顔でがんばろう!

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。

コメント

Secret