プロフィール

zun母

Author:zun母
旦那と3人息子&
♂ずんちゃん♀ももちゃんと
毎日楽しいシーズーライフを
送っています
若かりし頃はディスコより
カラオケだったバブル世代♪

あまのじゃくなずんちゃんは
小悪魔なももちゃんは
見に来てくれてありがとう
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

Blue Rose ~ありえない日々~

ココノイエ~ほわほわほっこりココ日記~

シーズーひめとりんのアルバム

プリティーマロン

気楽な日々のつづりごと
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しいちゃんとの夏

今日はずっと記事にしようか迷っていたことを書きます(かなり長いです)
私の情けない部分も見せちゃうし、軽蔑もされちゃうかもしれないけど
でもずっと私の心にあること ブログに残しておきたい


去年の夏、我が家はもう1頭家族に迎えようと保護犬シーズーちゃんのトライアルをしました

彼女の名前は「しいちゃん」 (元々は違う名前がついていました)
しいちゃんは8頭の多頭飼いされていたおうちに住んでいました
家族が虐待をするので手放したいという飼い主の相談をある保護団体が受けて
里親募集を掲示板に書き込んでいました(飼い主さんも愛情がある訳ではなかったです)
歳がずんちゃんより1つ上 あまり歳上だとずんちゃんを優先するのにやりにくいと思い、
歳の近いシーズーちゃんなら…と思い、里親の応募をしましたが、
留守のないご家庭に決まったと連絡がありました
(若い保護ワンちゃんはすぐ引き取り手があるみたいです)
よかった、そのシーズーちゃんは幸せになれるんだ・・・うちは急いでいる訳じゃないし
また、違うシーズーちゃんを探してみよう、、、とそれで一旦終わりました

1週間後、その保護団体の方から連絡があり、
「一度決まった方が都合が悪くなってしまいました、いかがでしょう?」
家族とは相談済みだし、まずはトライアルしてずんちゃんとの相性を見てからだし…
「実は、虐待が心配なので急いでいるんです」
え~、じゃ、じゃあ、とりあえずトライアルですよね、いいです、すぐにお預かりします!
ということで、しいちゃんを(もちろん引き取るつもりで)預かることにしました

しいちゃんに初めて会った日のこと
しいちゃんは飼い主さんの背負ったリュックの中に入れられてある駅に連れてこられました
飼い主さんは保護団体の人と待ち合わせ、ちょっとお話して手を振って去っていきました
私とzun父は少し離れていたところで待っていました(元飼い主さんとは接触なし)
詳しい話はメールのやりとりで済んでいたので
しいちゃんを抱き受け、2週間のトライアルのため連れて帰りました
帰りの車の中、ソフトケージに入れられたしいちゃんは一度も身体を伏せませんでした
ずっと前方の方を不安な眼で見つめ、前足を踏ん張ってお座り状態・・・狭いのに 揺れるのに

うちに着いて家に入ってずんちゃんとご対面、息子たちとご対面
ずんちゃん、しっぽフリフリ~でも彼女は知らんぷり
そんな余裕もなかったんだね 玄関に続くドアをじっと見て…
しいちゃんには何が何だかわからなかったんだ
そんな風にしいちゃんは飼い主さんに一方的にお別れされて
我が家でのトライアルが始まりました  ↓しいちゃん
c-DSC_0677.jpg
かなり涙やけしていたお顔、緊張してるね

おトイレ~
トイレシートにする習慣はなく、大きなバスマットのようなものに
他のワンちゃんと一緒にしていたようだった
お金持ちだったので汚れたら捨てる?みたいな感じ

お散歩~
飼い主さんのお散歩道具として飼われていたらしい、しいちゃん
他のワンちゃんとはまったく関わらない 近くに寄られるとびびりションしてしまう
ずんちゃんは公園のお友達と会いたいんだけど、しいちゃんは尻尾下げて帰ろうとする…

ご飯~
前の家ではカリカリをフード皿に入れっぱなし なくなったらお手伝いさんが足していたようだ
私がささみを茹でてあげたら一発でzun母のとりこになってしまったしいちゃん・・・

肝心なずんちゃんとの相性
多頭飼いだったので他のワンコとも大丈夫って話だったけど…
しいちゃん、前のおうちでほったらかしだったんだね
前の名前を呼んでもちっとも振り向かない
そんなしいちゃんにご飯あげて、名前(しいちゃん)呼んで、
なでたり、抱っこしたり、くっついて寝たりして嬉しかったんだね
緊張していた顔がすぐにかわいくなってしっぽもブンブン振ってくれて
しいちゃんはすっかりzun母のストーカーになった
ずんちゃんをいつも押しのけて横にぴったりくっついて・・・
外出から帰った時もご飯の時も、ずんちゃんを押しのけて
一度なんかボディブロックでずんちゃんが吹っ飛んだのを見た!
自己主張が強いかな…ずんちゃんはしいちゃんと遊びたそうにしてるんだけどね
c-DSC_0687.jpg
キッチンにいるzun母をストーカー中のしいちゃん 後ろにずんちゃんが…

ずんちゃんが変わっていった
前から寄ってくるタイプではなかったけど
いつも遠く離れているようになった しいちゃんがいつも私の横にいたから?
遠くから悲しそうな顔で・・・お母さん、僕どうしたらいいの…?
ずんちゃんのお顔がそう言ってるように見えた

これはいけない!ずんちゃんのために、もう1頭と思ったのに
ずんちゃんが辛そうにみえる
2週間のトライアルを少し延ばしてもらって様子をみたけど
ずんちゃんはどこか遠慮しているようで、2ワンの様子を毎日ドキドキして見ていた

しいちゃんも必死だったんだ きっと今までかわいがってもらっていなかったんだよね
飼い主さんやご家族とまともに触れ合っていなかったんじゃないかな…
人間と暮らすってこと、飼い主さん次第なんだもんね
ご飯と寝床はもらえても後はほったらかし、虐待の心配もあった
せっかくこの世に生れてきたのに、そんな犬生なんてひどいよね

しいちゃんの必死さすごくわかった
おチッコも初めは失敗ばっかりだったけど、上手にできた時にたくさんたくさん誉めてあげて
誉められると嬉しくてしっぽブンブンだった
いつも横に来てスリスリしてきて、うちに来て甘え上手になったね~
c-DSC_0885.jpg
表情が出てきてかわいくなったでしょ?
人間もいいものでしょう? 私たちもね、しいちゃんがかわいくてかわいくて…

…!  …僕はここだよ…
ごめんね、ずんちゃん
zun母はしいちゃんのトライアルを断念することにしました
家族は「なんとかなるんじゃないの~?」ってお気楽に言っていましたが
私が耐えられなかったんです ずんちゃんの悲しい表情
それにしいちゃんは1頭飼いの方がいいと感じました
お散歩でもとにかく他の犬がダメ!近寄らないでっ!って背中を向けます

保護団体の方に連絡しました
トライアルの様子はずっと報告していたのでご理解いただき、
すぐ他の方を探しますから、と言ってくださいました
私も元の虐待のある家には返せないので候補の方が決まるまでうちで預かりますとお返事しました
預かり状態となっていた間も自問自答
「時間が経てば仲良くなるんじゃないかな」
「しいちゃんの方が歳上だから仕方ないのかな」
と里親になることを断わってしまったけどホントにいいのか、一日中、考えていました

お別れはすぐにやってきました(やはり若いワンちゃんはすぐに応募があるのですね)
若い女性の方(お姉さんだね)、ご実家がすぐ近くで過去にお友達のシーズーを預かっていた経験があるとのこと
1頭飼いで受け入れたいと、条件はぴったりだったのです

・・・結果・・・
しいちゃんはそのお姉さんのおうちで幸せに暮らしています
とってもいい方でしいちゃんのトライアル中はメールで様子を教えてくださってその都度、
「仲良くなります!大事にします!」って…私はしいちゃんを引き取らなかった人なのに

こうして、しいちゃんはうちでのトライアル約3週間を経由してすてきなお家に旅立っていきました
お姉さんもお姉さんのご家族もお友達もすごく可愛がってくださっています
12月、しいちゃんのお誕生日にずんちゃん連れて会わせていただきました
涙やけもなく、耳の毛伸ばして女の子っぽく、とってもお顔が優しくなっていました
ずんちゃんとは…あは~、リアクションは特になし
お散歩中も他のワンちゃんとは接しないようで、相変わらずってことかな
c-DSC_1989.jpg
せっかくの再会にもそっぽを向き合う2ワン

しいちゃん、ほんとに幸せになってよかったね
あなたが初めにいたおうちはね、何かの間違いだったんだよ
寄り道しちゃったけど今のおうちがほんとのおうち

しいちゃんをお姉さんのおうちに置いていった帰り、…どっぷり自己嫌悪
しいちゃん、家族にならなかったこと、ごめんね… 結果的に受け止めてあがれなかった
その晩、夜中、声を上げて泣きました 情けなくて涙が止まりませんでした
するとずんちゃんが・・・ずっと離れていたずんちゃん 呼んでも来てくれなかったずんちゃんが
すっと寄ってきて、じっと横に寄り添ってくれました
「ありがとう」と言うと顔を舐めてくれて…(涙の塩分がほしかったのかな?)
ずんちゃん、ずっと一緒にいようね

1年前の出来事です
ブログを始める時、ブログに記事を残そうと決めていました
結局「預かりさん」という形で終わってしまった しいちゃんとの夏
とてもせつなく絶対に忘れることのできない夏でした

公園友達の方に「犬の1歳って若い時だと6年くらい違うんだよ、ずんちゃんの性格考えて、
もう1頭飼うんなら、ずんちゃんよりも歳下を探しなさい」とアドバイスされました
その2ケ月後、ももちゃんと出会いました
慎重に2ワンの様子を見て、とにかくずんちゃん最優先
ももちゃんがパピーだったので優先順位は付けやすく、
今、ずんももはバトルもしますが、時間をかけて仲良くなり、
2ワンでくっついて寝ていることもあります

犬を家族にすることは責任と覚悟が必要ですが
頭でわかっていても実際に迎えてから直面する苦労もあると思います

私が息子たちの母親になった時(息子を産んだ時)
母親という立場になっただけで中身は伴なっていませんでした
それは今もそうであって母親になるということは現在進行形なんですね
ずんももとも家族になれたかどうかの結果を得ることではなく、
なろうとし続けることを実感して一緒に生きていきます

たくさんの保護犬をお世話する団体の方々には本当に頭が下がる思いです
私には里親になる覚悟が足りなかった…大いに反省でした

かなり独りよがりな文章ですし、自分勝手な出来事でお恥ずかしいです
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました

…ももちゃんのおトイレの場所(キッチンの出入り口)
しいちゃんがたっくさん失敗してにおいつけた場所なんです
だから、いいかなって…場所としては通路だし、トレイが邪魔だけど
しいちゃんの軌跡としてそのままで・・・さぁさ、ももちゃん、おチッコどうぞ!

コメント

Secret

No title

こんばんは!
zun母さん、1年前にこんな出来事があったんですね。
しいちゃん、今は素敵なお姉さんと幸せに暮らしてるんですね。でも、お姉さんも素敵な方ですよね。しいちゃんを迎えてからもこうやってzun母さんやずんちゃんに会いに来てくれるなんて…
zun母さん、しいちゃんはきっとお姉さんに会うためにzun母さんのおうちで寄り道しただけだと思うよ。そして、しいちゃんはzun母さんがももちゃんに出会うために、ずんちゃんには歳上より年下の方がいいよって教えるためにちょっとの間ホームスティに来てくれたんだよ。
zun母さん、しいちゃんのためにもずんちゃんとももちゃんと楽しく仲良く過ごさないとね!

No title

zun母さん、そんなに自分を責めないで!
zun母さんはつらかったけど、適切な判断をしたと思いますよ。
わんちゃんってやっぱり相性ってあるから。。
しいちゃんがいることでずんちゃんがかわいそうな思いをするなら
私も同じ決断をしたと思うなあ~。
たぶんしいちゃんは自分だけを見てほしかったんじゃないかな。
私も1頭飼いのお宅の方が向いてると思いましたよ。
きっとしいちゃんはお姉さんのところへ行く運命のワンちゃんだったんですよ。
zun母さんはそのお手伝いをしたの、、、。

ももちゃんのおトイレの場所、、そういう理由があったんですね。
きっとその場所を見るたびにzun母さんはしいちゃんの事を思いだしてるんでしょう。
なんとなくおトイレの場所を移動できないのがわかる気がするな~

No title

こんにちは。
zun母さん、辛かったのがよく伝わりました。
しぃちゃんやずんちゃんの将来を考えての決断だもの、苦しかったでしょうね。
保護犬ちゃんに罪は無いのです。でも、背負っている過去のことを考えると誰でも里親になれるかというと、難しい事もあります。
飼い主さんから虐待やネグレクトをうけたり、捨てられたりしたワンちゃんは、人を信じられなかったり、逆にまた捨てられないように気を使うって聞きます。
しぃちゃんは、お姉さんのところで幸せになっているe-266
それが再会で確認できて良かったんですよe-454
zun母さんのこと、軽蔑なんてしないですよ。
そして、zun母さんの言うとおり、子供もワンコも(ダンナ様も)同じで、家族になろうとし続ける事が大事ですよね。
納得&同感です。

ラムまま様

いつもありがとうございますv-22

ラムままさん、温かいお言葉ありがとうございます
ホントにステキなお姉さんがしいちゃんを迎えてくださって
私もとても安心しました
そうですね…うちを通って幸せなおうちにたどり着けたのかな…
しいちゃんのおかげで今があるんですね
ずんももと仲良く、うん、そうですね
今、楽しく暮らしていることに感謝して過ごしていきますね!
ラムままさん、ありがとうございますm(__)m

tayamon様

いつもありがとうございますv-22

どうしても後ろめたい思いがあったんです
家族に迎えなかったこと、
ワンコ初心者なので、相性ってもっと単純なものだと
思っていたのかなって、それも浅はかだったなぁ~って
いろんな迷いが3週間でぐるぐるしてしまって!
運命、だったということですね!
しいちゃんは今のおうちで愛されて幸せなんですものね
ももちゃんのおトイレ、そんな名残なんですよ
意外と?女々しいでしょ…、私って
すっごく泣けちゃうほどわんこの純粋さってすごいですよね~
tayamonさん、ありがとうございます
温かいお言葉が身にしみて嬉しかったです!

BlueRose様

いつもありがとうございますv-22

しいちゃんのこと、もっと簡単に受け入れられると思っていました
保護犬ってそれぞれ事情をかかえているんですね
人間の子供も小さい時の愛情のかけ方って
大きくなったときに影響する訳だから
とても大事な時期にほっておかれたしいちゃんは
必死だったんだと思います
ステキなお姉さんと縁があったことにとても感謝しています
「家族」って完成されているものじゃないんですね~
ずっと建築中みたいな、バルセロナのサグラダ・ファミリア?
焦らずじっくり積み重ねですね
BlueRoseさん、私の気持ち、考え、
一緒に考えてくださってありがとうございました
とても救われましたm(__)m

No title

zun母、ももちゃんを迎える前にそんなことがあったんですね。
ずんちゃんとの相性が一番大切だと思うので私も同じ選択をしていたと思います。
決断をしたzun母さん軽蔑なんてしませんよ!
自分を責めないでね!!
そのままずるずると飼っててずんちゃんがストレスでおかしくならなくて本当に良かったよ~
みるが小さい頃は多頭飼いもあこがれたけど。。。
みるの性格からしたら無理なような感じでしょ!?
何年もかかって分かることでトライアル期間に判断するのは難しいですね。

zun母さんはしいちゃんに人間のいい所をいっぱい教えてあげて次に出会ったお姉さんの橋渡しになったんだと思うよ。
しいちゃんも幸せになって良かったね~

犬も家族も理解しあうことが大切ですよね!
でも一番難しいことかもね!

ももちゃんのトイレ!
しいちゃんの臭い付きだったのね~v-410

No title

こんばんわ☆
ちょっとご無沙汰してしまいましたm(__)m

1年前の夏…こんなことがあったんですね
もう…読んでいて泣いてしまいました…
一頭飼いしかしたことのない私ですが…
やっぱり後から迎える子は年下の方が優先順位が付けやすいですよね
しいちゃんは彼女なりに必死だったんでしょう…
zun母さんに初めて愛されて可愛がられて…
嬉しくて嬉しくて…
でも…zun母さんの判断は正しかったと思います
優しいずんちゃんだからきっとしいちゃんに遠慮して…我慢してたんだよね
そんなずんちゃんの心に気づいてあげて決断をしたzun母さん…素敵です
すごい心の中での葛藤があっただろうと思います
しいちゃんはzun母さんのおうちで人の優しさを知って…
そして今はお姉さんの所で愛情を一身に受けて幸せに暮らしている…
素敵なお姉さんに出会えてよかった
そんな出会いと別れがあったから
今のずんちゃんとももちゃんとの生活があるんですね
大切にしたいですよね
なんだかまとまりないコメントになってしまってごめんなさい…

お久しぶりです(^-^*)/

初めて人の愛情と温もりを知り、離してなるものか!と必死のしいちゃん

お母さん、僕どうしたらいいの…?のずんちゃん

切なかったですね…。
記事を読んでるだけの私でさえ泣きそうになっちゃいました。
本当に辛い決断だったと思います。

でもZun母さんは間違ってないですよ!
だってトライアルとはその為にあるんですもん。

他の保護わんちゃん達も預かりさんの元で、愛情を教わり、本当の家族の元へお嫁入りしてます。
Zun母さんは、
「私はしいちゃんの仮母なのよ!エッヘン」
って胸をはっていいと思います!

これからも楽しいずんももライフ楽しみにしてますね!ワンでもない話も大好きですよ!

みるまま様

いつもありがとうございますv-22

相性って犬でも大切なことですね
2週間のトライアル期間ではどうにも判断できなくって…
結局、約3週間、夏休みの半分をしいちゃんのことで頭悩ましていました
決断、苦しかったです
でも、最良の結果を得られたのは本当に良かった…
しいちゃんのお姉さん、ほんとにいい方だったんです!
私以上にしいちゃんに愛情を注いでくれていると思います

みるままさん、ありがとうございますm(__)m
「橋渡し」と言っていただいて心が軽くなりました
お気持ちが嬉しくて感謝でいっぱいです
みなさんのコメントが温かくてブログやっていてよかった
これからもお付き合いくださいね

はる様

いつもありがとうございますv-22

2ワン連れて歩いているとワンコ友達さんにたくさん会いますが、
「うちは2頭は無理だわ~、犬より人が好きなの~」って方すごく多いです
ずんちゃんの性格を考えたら1頭飼いがよかったのかも…
それでも、ももちゃんを迎えてなんとかなじんできて
しいちゃんとのことも1年経って
区切りをつけたかったんですね、私って…
私のいい訳日記にはるさんの涙までいただいて、もったいないくらいです
まとまりなく、なんてないです
はるさんのコメントに感謝でいっぱいです
しいちゃんとの出会い~別れ、そして今ずんももと
一緒にいられることにも感謝しています

meguru様

meguruさん、こんにちはv-22
来てくださって嬉しいです!

ありがとうございます
ほんとにコメントありがとうございます

トライアル、軽く考えていた訳ではないんですが
甘かったのだと思います
ずんちゃん、お散歩ではワンちゃんに会うと嬉しそうだったけど
一緒に暮らすとなるとほんとに相性が大事なんですね

「仮母」って思っていいんですかね…
「仮母」としてしいちゃんの幸せをずっと祈って過ごしていけたら最高に幸せです

meguruさんの言葉で少し胸はれました(晴れました)
また来てくださいね!
ワンでもない話も頑張ります!

おはようございます。

も~ぉ!!zun母さん~
朝から泣かさないでよ~!!i-201タオル!タオル!
昨日もお邪魔したけど
ちょっとバタバタしてる最中で
これは ゆっくりと・・・と出直しました(3回目)

zun母さん
「預かりさん」もとても大事な役割ですよ。
そういう方がいなければ
救えない命がもっと増えてします。
これは絶対です。
本当の飼い主さんに気に入っていただけるために
「預かりさん」が橋渡し。
人間は怖くないよ!愛情ってこういうことだよ!
甘えていいんだよ~!・・・って
ココロのリハビリをしてあげる時期なのでは?
ココ母がいつも訪問させてもらっているブログ、
「預かりさん」をされている方なんですが
繁殖犬として使えなくなったら捨てられたり
本当にひどい思いをした子達もいます。
でもその方は
どんなにひどい思いをしてきた子も
一発逆転満塁ホームランな犬生があるって!
しいちゃんもホームラン!!しかも場外!!
それは zun母さんがアシストしてあげた
ホームランですよ!!

そして ずんちゃんはももちゃんという
ハイパーでかわいい妹と出逢えたi-176
これって…ただの偶然でしょうか?

11日はむっくの命日でした。
どん底の我が家にやって来てくれたココ。
この出逢いは偶然ではなく
必然であって
奇跡でもあるとココ母は信じていますよi-236

ココノイエ様

いつもありがとうございますv-22

コメントのお返しが遅くなってすみません
泣かせちゃいましたか…温かい励ましのお言葉ありがとうございます
逆転、そしてホームランですね!私の取った行動でアシストできたんですね

ずんちゃんも今の年ならしいちゃんと上手くやれたのかもと思います
まだ2歳前でしたし、傷つきやすいお年頃だったのかな

ももちゃんを可愛がっていると、心のどこかで
しいちゃんのことを振り返っていました
シーズー大好きなのに、しいちゃんのこと、迎えることができなかった…
そのことが引っかかって、こうしてみなさんとシーズー繋がりで
交流していていいのかなっとか、えらそうなこと言っちゃいけないな~とか…
ウジウジしちゃっていました

でも、ずんちゃんを1番に考えたことは間違っていないと思うし
しいちゃんが幸せになれたことは、そうですね、偶然じゃない!

むっくくんからココちゃんへと繋がれた出会いも
きっと用意された運命の扉だったのでしょうね

これからもよろしくお願いしますm(__)m
コメント、とっても嬉しく思っています
心の区切りをつけることができたのは
みなさんのコメントが大きな支えとなりました
ずんももとのこれからを精いっぱい楽しく過ごしますね!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
第2の犬生を!
保護犬支援団体 Happy Pawsさん
happypaws-banner2.gif
小さなことしかできないけれど…
微力ながら支援していきたいと
思っています
スタッフさんが磨きあげた
保護犬さんたちに会えるのは
こちらから
ずんもも〒はこちら~

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。