プロフィール

zun母

Author:zun母
旦那と3人息子&
♂ずんちゃん♀ももちゃんと
毎日楽しいシーズーライフを
送っています
若かりし頃はディスコより
カラオケだったバブル世代♪

あまのじゃくなずんちゃんは
小悪魔なももちゃんは
見に来てくれてありがとう
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
ブロとも一覧

Blue Rose ~ありえない日々~

ココノイエ~ほわほわほっこりココ日記~

シーズーひめとりんのアルバム

プリティーマロン

気楽な日々のつづりごと
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロチップの是非

昨日はお天気大荒れで今日もどんより曇り空
今年の夏は暑いか雨模様かの繰り返しで極端なお天気ですね~

「動物愛護管理法」の5年に一度の改正にむけて
環境省が行っているパブリックコメント
(動物取り扱い業の適正について)、

ギリギリになりましたが、私も昨日送りました(今日が締め切り)

私は独身の頃、実家でマルチーズを飼っていました
家に迎えた経緯はお友達のおうちのマルチーズちゃん♂がどこかの美マルチ♀と
んで、3匹のお仔ちゃまが産まれたので(確か1万円?)で譲っていただいたと記憶しています
昔はワンコを飼うってこんな感じだったのかな~

そして我が家での初めてのワンコ家族、ずんちゃんを迎えた時のこと
ワンコ初心者でしたので本を2冊買い、事前勉強しました
そしてペットショップ廻りから…今にして思えば、ブリーダーさんから直接とか、保護犬とか
いろいろ出会いはあるんですね

ペットショップのHPにはたっくさんのパピーワン仔のお写真が掲載されている
…こんなに…売れるの…売れなかったらどうなるの ちょっと頭をよぎりました

たまたま、zun父がネットで見つけたずんちゃん、どうしても会いたくて
近かったのもあり、そのペットショップへ出かけ、運命の出会い
即決で1週間後に迎えに行きました

ペットショップにも良心的なお店、大規模チェーン店、もうけ主義…いろいろあるんですね
ずんちゃんをお世話していたショップはいいお店だったと思います
お迎えに行った日、我々はお世話の仕方を聞いてケージやフード皿をそろえて…
1時間もかからないだろうと思っていたのですが
フード、体調管理、しつけ、注射、保険…
その他もろもろのお話を店長さん(若い女性)がしてくれて
特に家族に迎えるのだから、生き物なのだから、というお話を優しくしっかりとしてくれました
で、2時間くらいいたかな…正直ヘロヘロになりました(未熟者~)

ただ、お値段ですが
生体 ¥99,800  ワクチンと健康チェック ¥26,250
マイクロチップ ¥8,400 生命保障(?なんだっけ?) ¥10,500
ペット保険 ¥28,930  そして合計が ¥173,880
あらら、こんなにお値段跳ね上がるんだ

そしてこの時知ったマイクロチップ
ほぉ~、今はこういうので飼い主さんがわかるんだ~
簡単に捨てちゃうなんてできないんだね、素晴らしい!…と思ったんですよ~
と・こ・ろ・が…

ももちゃんとの出会いはある「ペットショップ」だったんですが
(未だに「ペットショップ」なのかよくわからないんです、ブリーダーだと思ってたずねたのですが)
ブリーダーさん直売っていうんでしょうか
ももちゃんは「かみ合わせがオーバーなのでお安く譲ります」みたいなお話でした
かみ合わせってドッグショーとかに出すなら大事なんでしょうけどうちは関係ないし
お顔見たらももちゃん「あたちのこと、連れてかえりなさいよっ」って眼力で言うから
逆らえず家族に迎えたんです(ちょっとジョーク入ってます)

そしてお値段が
生体・ワクチン1回目込 ¥63,000 …これだけ
ずんちゃんと比べて…なんでこんなに金額違うの
そしてマイクロチップ代がない

「あのう、マイクロチップはどうなっていますか」
「ああ、週1回獣医が来ますのでその日に連れてきていただければ入れますよ」
ふぅん…マイクロチップって、必須じゃないんだと初めて理解しました
と同時に(ここってちゃんとしたペット業者?)とも思ったけど

そういえば、しいちゃんマイクロチップ入ってなくて
怪しいルートで買ったのかな、なんて思ったっけ
狂犬病と同じにマイクロチップも義務化すればいいのに
車の免許じゃないけど、自分の情報と共にワンコのことを登録すれば、
家族に迎える覚悟が違ってくると思うんですよね…

いろいろ調べたら、ペット産業ってまだまだ倫理的には確立されていないんですね
知れば知るほど悲しい現実があるってわかって驚愕しました
ワンコ初心者の私にはワンコのお値段付けの節操のなさが理解できない
命の値段ですよね~まぁ、確かに顔とか毛色とか比べて見ちゃうんだろうけど
何万も違うってちょっと首かしげちゃいます

2ワンのお世話と3人の反抗期の息子たちのお世話で悪戦苦闘している私には
大したことできないけど「パブリックコメント」送るくらいしなくちゃって思いました
1日も早く不幸なワンコ・ニャンコちゃんたちがいなくなるように
そんな世の中になってほしいと思います

ももちゃんマイクロチップは避妊手術の時に入れてもらいましたよ~
でも脱走には気をつけています ももちゃん、人懐っこいから絶対連れて行かれちゃう

最近の銭湯ベッドの争奪は…
x-DSC_5778.jpg
あれっ争いの気配はなく…
x-DSC_5779.jpg
むむっ・・・ももちゃん、何を考えているのかな


x-DSC_5782.jpg
あら~、ももちゃんずんちゃんのそばにくっついて寝たいんですね~
甘えっ仔な妹にずんちゃんは気づいているのかな~

嬉し・楽しいずんももライフ
ランキング参加中
↓ よろしかったら クリック ポチッと 応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

『ワンでもない話』 Vol.22
**********************************

昨日、Mちんのクラブの大会観戦に行った
片道車で1時間半 遠かったよ~
Mちんは硬式テニス部
残念ながらレギュラーではないので応援部隊だ
応援にいらしていたお母様はみんなレギュラーのお母様
Mちんが試合に出なくても楽しそうな姿を見れたし
なかなかいい試合だったので楽しかった

たくさんいた、いた!テニスの王子様の玉子様たちが!
漫画の「テニスの王子様」26巻くらいまで買ったけど、あまりに話が長すぎて
さらに技が神がかってきて(ありえないよ、そのスピン~みたいな)途中リタイヤ

実物の王子様候補たち、みんな生き生きしてたな~
試合に出た子も応援の子もご苦労様(応援も大事だよ~)
中学生時代か、楽しかったな…

朝早かったMちん、くたくたになって帰ってきた
あのさ、情報仕入れてきたんだけど…
自由研究の宿題、いっぱい出てるみたいね!
大丈夫なのか?さっさとやれ~~~っ!

遠くまで行った甲斐がありました
母は地道な努力で情報収集さっ!あなどるなよ!

**********************************




しいちゃんとの夏

今日はずっと記事にしようか迷っていたことを書きます(かなり長いです)
私の情けない部分も見せちゃうし、軽蔑もされちゃうかもしれないけど
でもずっと私の心にあること ブログに残しておきたい


去年の夏、我が家はもう1頭家族に迎えようと保護犬シーズーちゃんのトライアルをしました

彼女の名前は「しいちゃん」 (元々は違う名前がついていました)
しいちゃんは8頭の多頭飼いされていたおうちに住んでいました
家族が虐待をするので手放したいという飼い主の相談をある保護団体が受けて
里親募集を掲示板に書き込んでいました(飼い主さんも愛情がある訳ではなかったです)
歳がずんちゃんより1つ上 あまり歳上だとずんちゃんを優先するのにやりにくいと思い、
歳の近いシーズーちゃんなら…と思い、里親の応募をしましたが、
留守のないご家庭に決まったと連絡がありました
(若い保護ワンちゃんはすぐ引き取り手があるみたいです)
よかった、そのシーズーちゃんは幸せになれるんだ・・・うちは急いでいる訳じゃないし
また、違うシーズーちゃんを探してみよう、、、とそれで一旦終わりました

1週間後、その保護団体の方から連絡があり、
「一度決まった方が都合が悪くなってしまいました、いかがでしょう?」
家族とは相談済みだし、まずはトライアルしてずんちゃんとの相性を見てからだし…
「実は、虐待が心配なので急いでいるんです」
え~、じゃ、じゃあ、とりあえずトライアルですよね、いいです、すぐにお預かりします!
ということで、しいちゃんを(もちろん引き取るつもりで)預かることにしました

しいちゃんに初めて会った日のこと
しいちゃんは飼い主さんの背負ったリュックの中に入れられてある駅に連れてこられました
飼い主さんは保護団体の人と待ち合わせ、ちょっとお話して手を振って去っていきました
私とzun父は少し離れていたところで待っていました(元飼い主さんとは接触なし)
詳しい話はメールのやりとりで済んでいたので
しいちゃんを抱き受け、2週間のトライアルのため連れて帰りました
帰りの車の中、ソフトケージに入れられたしいちゃんは一度も身体を伏せませんでした
ずっと前方の方を不安な眼で見つめ、前足を踏ん張ってお座り状態・・・狭いのに 揺れるのに

うちに着いて家に入ってずんちゃんとご対面、息子たちとご対面
ずんちゃん、しっぽフリフリ~でも彼女は知らんぷり
そんな余裕もなかったんだね 玄関に続くドアをじっと見て…
しいちゃんには何が何だかわからなかったんだ
そんな風にしいちゃんは飼い主さんに一方的にお別れされて
我が家でのトライアルが始まりました  ↓しいちゃん
c-DSC_0677.jpg
かなり涙やけしていたお顔、緊張してるね

おトイレ~
トイレシートにする習慣はなく、大きなバスマットのようなものに
他のワンちゃんと一緒にしていたようだった
お金持ちだったので汚れたら捨てる?みたいな感じ

お散歩~
飼い主さんのお散歩道具として飼われていたらしい、しいちゃん
他のワンちゃんとはまったく関わらない 近くに寄られるとびびりションしてしまう
ずんちゃんは公園のお友達と会いたいんだけど、しいちゃんは尻尾下げて帰ろうとする…

ご飯~
前の家ではカリカリをフード皿に入れっぱなし なくなったらお手伝いさんが足していたようだ
私がささみを茹でてあげたら一発でzun母のとりこになってしまったしいちゃん・・・

肝心なずんちゃんとの相性
多頭飼いだったので他のワンコとも大丈夫って話だったけど…
しいちゃん、前のおうちでほったらかしだったんだね
前の名前を呼んでもちっとも振り向かない
そんなしいちゃんにご飯あげて、名前(しいちゃん)呼んで、
なでたり、抱っこしたり、くっついて寝たりして嬉しかったんだね
緊張していた顔がすぐにかわいくなってしっぽもブンブン振ってくれて
しいちゃんはすっかりzun母のストーカーになった
ずんちゃんをいつも押しのけて横にぴったりくっついて・・・
外出から帰った時もご飯の時も、ずんちゃんを押しのけて
一度なんかボディブロックでずんちゃんが吹っ飛んだのを見た!
自己主張が強いかな…ずんちゃんはしいちゃんと遊びたそうにしてるんだけどね
c-DSC_0687.jpg
キッチンにいるzun母をストーカー中のしいちゃん 後ろにずんちゃんが…

ずんちゃんが変わっていった
前から寄ってくるタイプではなかったけど
いつも遠く離れているようになった しいちゃんがいつも私の横にいたから?
遠くから悲しそうな顔で・・・お母さん、僕どうしたらいいの…?
ずんちゃんのお顔がそう言ってるように見えた

これはいけない!ずんちゃんのために、もう1頭と思ったのに
ずんちゃんが辛そうにみえる
2週間のトライアルを少し延ばしてもらって様子をみたけど
ずんちゃんはどこか遠慮しているようで、2ワンの様子を毎日ドキドキして見ていた

しいちゃんも必死だったんだ きっと今までかわいがってもらっていなかったんだよね
飼い主さんやご家族とまともに触れ合っていなかったんじゃないかな…
人間と暮らすってこと、飼い主さん次第なんだもんね
ご飯と寝床はもらえても後はほったらかし、虐待の心配もあった
せっかくこの世に生れてきたのに、そんな犬生なんてひどいよね

しいちゃんの必死さすごくわかった
おチッコも初めは失敗ばっかりだったけど、上手にできた時にたくさんたくさん誉めてあげて
誉められると嬉しくてしっぽブンブンだった
いつも横に来てスリスリしてきて、うちに来て甘え上手になったね~
c-DSC_0885.jpg
表情が出てきてかわいくなったでしょ?
人間もいいものでしょう? 私たちもね、しいちゃんがかわいくてかわいくて…

…!  …僕はここだよ…
ごめんね、ずんちゃん
zun母はしいちゃんのトライアルを断念することにしました
家族は「なんとかなるんじゃないの~?」ってお気楽に言っていましたが
私が耐えられなかったんです ずんちゃんの悲しい表情
それにしいちゃんは1頭飼いの方がいいと感じました
お散歩でもとにかく他の犬がダメ!近寄らないでっ!って背中を向けます

保護団体の方に連絡しました
トライアルの様子はずっと報告していたのでご理解いただき、
すぐ他の方を探しますから、と言ってくださいました
私も元の虐待のある家には返せないので候補の方が決まるまでうちで預かりますとお返事しました
預かり状態となっていた間も自問自答
「時間が経てば仲良くなるんじゃないかな」
「しいちゃんの方が歳上だから仕方ないのかな」
と里親になることを断わってしまったけどホントにいいのか、一日中、考えていました

お別れはすぐにやってきました(やはり若いワンちゃんはすぐに応募があるのですね)
若い女性の方(お姉さんだね)、ご実家がすぐ近くで過去にお友達のシーズーを預かっていた経験があるとのこと
1頭飼いで受け入れたいと、条件はぴったりだったのです

・・・結果・・・
しいちゃんはそのお姉さんのおうちで幸せに暮らしています
とってもいい方でしいちゃんのトライアル中はメールで様子を教えてくださってその都度、
「仲良くなります!大事にします!」って…私はしいちゃんを引き取らなかった人なのに

こうして、しいちゃんはうちでのトライアル約3週間を経由してすてきなお家に旅立っていきました
お姉さんもお姉さんのご家族もお友達もすごく可愛がってくださっています
12月、しいちゃんのお誕生日にずんちゃん連れて会わせていただきました
涙やけもなく、耳の毛伸ばして女の子っぽく、とってもお顔が優しくなっていました
ずんちゃんとは…あは~、リアクションは特になし
お散歩中も他のワンちゃんとは接しないようで、相変わらずってことかな
c-DSC_1989.jpg
せっかくの再会にもそっぽを向き合う2ワン

しいちゃん、ほんとに幸せになってよかったね
あなたが初めにいたおうちはね、何かの間違いだったんだよ
寄り道しちゃったけど今のおうちがほんとのおうち

しいちゃんをお姉さんのおうちに置いていった帰り、…どっぷり自己嫌悪
しいちゃん、家族にならなかったこと、ごめんね… 結果的に受け止めてあがれなかった
その晩、夜中、声を上げて泣きました 情けなくて涙が止まりませんでした
するとずんちゃんが・・・ずっと離れていたずんちゃん 呼んでも来てくれなかったずんちゃんが
すっと寄ってきて、じっと横に寄り添ってくれました
「ありがとう」と言うと顔を舐めてくれて…(涙の塩分がほしかったのかな?)
ずんちゃん、ずっと一緒にいようね

1年前の出来事です
ブログを始める時、ブログに記事を残そうと決めていました
結局「預かりさん」という形で終わってしまった しいちゃんとの夏
とてもせつなく絶対に忘れることのできない夏でした

公園友達の方に「犬の1歳って若い時だと6年くらい違うんだよ、ずんちゃんの性格考えて、
もう1頭飼うんなら、ずんちゃんよりも歳下を探しなさい」とアドバイスされました
その2ケ月後、ももちゃんと出会いました
慎重に2ワンの様子を見て、とにかくずんちゃん最優先
ももちゃんがパピーだったので優先順位は付けやすく、
今、ずんももはバトルもしますが、時間をかけて仲良くなり、
2ワンでくっついて寝ていることもあります

犬を家族にすることは責任と覚悟が必要ですが
頭でわかっていても実際に迎えてから直面する苦労もあると思います

私が息子たちの母親になった時(息子を産んだ時)
母親という立場になっただけで中身は伴なっていませんでした
それは今もそうであって母親になるということは現在進行形なんですね
ずんももとも家族になれたかどうかの結果を得ることではなく、
なろうとし続けることを実感して一緒に生きていきます

たくさんの保護犬をお世話する団体の方々には本当に頭が下がる思いです
私には里親になる覚悟が足りなかった…大いに反省でした

かなり独りよがりな文章ですし、自分勝手な出来事でお恥ずかしいです
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました

…ももちゃんのおトイレの場所(キッチンの出入り口)
しいちゃんがたっくさん失敗してにおいつけた場所なんです
だから、いいかなって…場所としては通路だし、トレイが邪魔だけど
しいちゃんの軌跡としてそのままで・・・さぁさ、ももちゃん、おチッコどうぞ!

飼い主ではなく家族になれっ!

乱暴なタイトルでごめんなさい

今日あった出来事です

朝、Mイくんを習い事に送って家に戻ってきたところ…
中型犬のワンコちゃんが道路の左わきをトットットッ…と歩いている
家のすぐ近くの幼稚園が夏休み中の夏期保育日らしく
道路には登園途中の母子集団がいっぱい

ワンコちゃんの飼い主さんは? 回りにそれらしき人はいない
家に車を止めてすぐにワンコちゃんのところへ
雑談していた顔見知りの幼稚園児ママさんに「飼い主さんいました?」と聞いたら
「それがいないんです…見かけたことない犬だし」
いつもこの時間に幼稚園に送りにきている方々の言うことは確かだろう

ワンコちゃんはすまして脇道に入っていった 「ちょっと待って~」追いかけて通せんぼ
尻尾をちょっとフリフリ
家に誘導しようとしたけど、行きたい方向があるのか警戒されてしまった
抱き上げられそうだけど手を伸ばしたらウウ~って歯を剥きだした

中型犬に噛まれたらちょっと痛そうだし、恐かった
とりあえず身体で行く手を阻み、なんとか家の方向へ…
と、思ったらいきなり1軒のおうちに入っていった
でも庭には入れないようにフェンスがある
ワンコちゃん、お家の玄関横の裏手へ入っていった
どうしよう?この家の仔?「ピンポーン」チャイムを鳴らした
お家の人が出てきたので「このワンちゃん、こちらのお宅のワンちゃんですか?」
「えっ、違います…でも~あ、あそこの家の…」
心当たりがありそうな様子 あ~、また出て行っちゃった~

すぐ後を追いかけた また別の家のお庭に入っていったので出入り口をとおせんぼ
そのお家の人が、別のお宅に聞きに行ってくれた
すぐに飼い主さんらしいおじさんが来た
おじさん「あれっ…」
最初入った家の方「このワンちゃん、そうですよね?」
おじさん「えっ…ええ、はぁ…」
zun母「いつもノーリードなんですか?」
おじさん「いや~、いつ出て行ったのかなぁ~~」

おいおい、どうゆうことよ

私はMちんの学校に担任の先生との面談に行かなくてはならなかったのでそこで失礼した
ワンちゃんは飼い主のおじさんが呼んでも寄って行かなかった
しっぽも振ってなかったよ…

想像だけど普段から出してるんじゃないかなと思った お尻にうんPのした後が…
zun母の住んでいるところは170軒ほどの分譲地 歩道がきれいに整備してあるんだけど
ウンPの落し物が多いの ワンコ飼いも多く住んでるけど分譲地内の方はマナーちゃんとしてる
…あやしい
いつもは人通りのない時間に出していて
今日はたまたま出て行っちゃったのかなぁ~って疑ってしまった
ワンコちゃん、ふらふらしてる感じではなく、慣れてるコースって歩き方だったので
(まあ、家のご近所だからかもしれないけど)

犬ってご飯とかトイレとか、私たちが面倒みるものでしょ
そういう意味では成犬でも私たちにとっては子供(この場合仔ども?)ですよね
子供は家族 家族の子供が黙っていなくなったら捜すでしょ!

飼い主である前に家族として大事にして!!

おうちがわかってよかったけど…あのワンコちゃんは幸せなんだろうか…と今も考えています
私の誤解で大切にしてもらっているならいいんだけどな 

今朝Mちんが撮ったずんもも
めずらしくくっついてる~
トリミング5日後ですでにボサボサ
c-DSC_5237.jpg

嬉し・楽しいずんももライフ
ランキング参加中
↓ よろしかったら クリック ポチッと 応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
にほんブログ村

『ワンでもない話』 Vol.15
**********************************

今日ワンコを保護しかけた時
ああっ、とうとうこの日がきたか…と思った

実は私、保護しちゃう体質?みたいで
徘徊おばあちゃんを3人、アヒルを1匹保護した経験がある
引っ越してきて7年経ってないのだが…

徘徊おばあちゃんは普通に歩いていた
介護の仕事をしているからか洋服とか視線の動き方で変だなと気づいた

1人目は明らかに道を探していた
声をかけたら路線の全く違う駅を探していた 即110番

2人目は秋田に帰るって言ってた
後から追っかけてきた旦那さんが「いっつもこんななんだ…」と涙ぐんでた

3人目はふつうにすれ違ってしばらくしてまたすれ違った(ワンコの散歩中)
夏なのにカーディガン 介護施設って空調管理しているのでご老人には寒い
それで着こんでいることが多い(逆に冬に薄着も注意!)
声をかけたら他県へお帰りになる途中だそうで…こっそり携帯で110番

あひるちゃんはご近所のご夫婦が見つけて後を追っていたところに遭遇 一緒に保護
結構おおきかったな~ でもなんで住宅街に?

そんな経験からいつか迷子のワンちゃんと出会っちゃう気がしてたんだ
でもご近所ですぐおうちがわかったからよかった

私、心の底では3匹目を覚悟してしまった
ほんの数分の出来事 その数分の間でもそのワンコがいとおしかった

**********************************


知ってほしくて…震災から2ケ月

ワンコネタではないのですが…

東北の震災から2ケ月が経過し、
被災地から離れた地で生活している私たちは日常を取り戻しています

ですが被災地では先の見えない避難生活を強いられている方がたくさん
義兄は岩手出身 ご家族が岩手にいます
姉から聞く話で想像するしかないのですが
恐らく現実はとても厳しい状況がまだまだ続いているのだと思います

政府や東電の発表する現状はどこまでが公表されているのか
疑ったらキリがないのですが 不安はぬぐえません

↓もしよかったら見てください

NHK【ETV特集】
ネットワークでつくる放射能汚染地図
~福島原発事故から2か月~

<再放送>
5月20日(金)NHK総合 午前1時30分(木曜深夜)
5月28日(土)NHK教育 午後3時


「被曝(ひばく)による人体影響と、今後の土壌汚染への対策を、客観的かつ冷静に考えてゆくため、放射線観測機を開発した博士と放射線医学を専門とする科学者達のネットワークが連係し、震災の3日後から放射能の測定を始め汚染地図を作成してきた。
番組は、放射能汚染地図を作成してゆくプロセスを追いながら、原発災害から避難する人々、故郷に残る人々、それぞれの混乱と苦悩をみつめた2か月の記録である。」ETV特集のHPより抜粋


今週の火曜日、NHK朝イチでの冒頭でも概要を紹介されていた
偶然見ていたら、親族がテレビに出ていた この「放射能測定マップ」を作成している一人として…
福島からたくさんの人が県外へ避難しているのに測定に行っていたなんて!

普段覗いてる掲示板でも話題になっていました
知らないより知っていた方がいいっ!
余計に心配する必要はないけど、冷静に現実を知ってほしい

本当によかったら よかったら 見てください

なにをしたら…

無力な自分に何ができるのだろう
そんな思いがぐるぐる頭をかけめぐるだけで時間が過ぎていく
節電、節水、募金、日々への感謝、復興への祈り
小さなことしかできないけれど

希望を 勇気を 失わないで…
この唄に思いを込めて

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
第2の犬生を!
保護犬支援団体 Happy Pawsさん
happypaws-banner2.gif
小さなことしかできないけれど…
微力ながら支援していきたいと
思っています
スタッフさんが磨きあげた
保護犬さんたちに会えるのは
こちらから
ずんもも〒はこちら~

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。